2007/09/28

ハンガリー絵本原画展

Pavilion Booksの新村さんから可愛いポストカードが届いたよ!!


ハンガリー絵本原画展
-レイク・カーロイを訪ねて-


ハンガリーの国民的芸術家レイク・カーロイの日本初公開となる原画30点をはじめ、絵本作品約50点、貴重な作品が収められた秘蔵映像などを公開するそうです。東京は10月22日〜11月4日まで、神田のAmuletで開催。

Amuletには今年の4月に行ったきりなので、もう半年近く足を運んでいないかも。その間移転&リニューアルされたとのこと。この機会に行ってみようと思っています。今回の絵本原画展は東京で開催の後、奈良や京都でも開かれるそうです。ハンガリーの絵本原画なんて見られる機会はそうそうないものね。お好きな方にはオススメですな。

繊細で計算し尽くされた感のあるチェコの絵本画と比べて、ハンガリーの絵本画はかなり自由でラフなイメージ。なのに構図や色使いは絶妙だったりして、適当なのかなんなのかわからない不思議な魅力に満ちています。センスなんだねやっぱ。

ハンガリーの絵本作家と聞いて、まず最初に思い浮かべてしまうのはやっぱり

ラチとらいおん
マレーク・ベロニカ とくなが やすもと
4834000451


↑こちらです。子供の頃から大好きな絵本。らいおんちゃんが可愛いし、最後はホロリとさせられます。今見たら、

ラチとらいおん らいおん M
B000O77OW6


こんなものまであった。ほ、ほしい猛烈に。

0 件のコメント: