2007/10/29

うちのハナちゃん

昨日の天気予報じゃあ今日は快晴。どこの番組でも鬱陶しいほど洗濯日和を強調していたのに、思いっきりどんより曇っているし。ほんと天気予報あてにならないわーと思ってたら、曇っていたのはうち周辺のみのようでした。ここから車で北東に1時間の場所に住む友人も、西に40分のとこに住む親も「朝から普通に晴れてる」だって。なぜここに集中して雲が?何がどうなったらそんな現象が起こるのか、半井さんでも良純でもいいから、じっくり解説していただきたいと望む次第です。

そんな本日届いた猫マンガ本。
ウチのハナちゃん
松本 英子
4890488448


これ最高。作者宅の猫ハナちゃんもユニークですが、ミャウリンガル内蔵の作者母には大爆笑でした。ハナちゃんがとらえた大物、ガマガエルがハナちゃんにくわえられたまま放尿という必死の抵抗を試みる場面とか、体力消耗するほど笑えます。作者&作者母の恐るべき猫バカっぶりに何故か安堵感を覚えたりして。

私が愛するほど彼女は私を愛していない/しかしそこに不幸はない/この一匹の猫が多分そう長くない一生の中で/これれほどまでに一人の人間に愛されたという事実がそれを救っている/(p.73 無常)にシンパシー。ハナちゃんはuniより年上の老猫さんとのこと。ハナちゃんもuniも全く年を感じさせないほど元気だけど、老猫なんだねと思うとこちらの受け止め方が変わってくる。未だ子猫みたいなやんちゃなoviだってもう8歳だものねー。月日の経つのの早いこと。

0 件のコメント: