2007/04/29

神童/ハンニバル・ライジング

今日もとぼとぼと映画館まで。まず最初に、神童を見てきました。
残念ながら原作の素晴らしさは描かれてないかなぁ。人間関係も音楽との関係もあまりにも稀薄で、何故彼女が"神童"と言われているのかも描ききれず、ちょっと期待はずれでした。でも、成海璃子は文句なく可愛いし、まいっか。って感じ。
神童 (1)
さそう あきら

神童 (1)
神童 (2) 神童 (4) 神童 (3) マエストロ 1 (1) マエストロ 2 (2)
by G-Tools


原作を読んだきっかけは、手塚治虫文化賞受賞を知って。そりゃ文科省も推薦するでしょ!ってくらい、感動的で面白い話しで、未読の人には強くおすすめしたい次第です。

神童が期待はずれで、いまいち爽快感ないな〜と、一度帰宅してからまた映画館へ。お次はハンニバル・ライジングって、あまりにも対照的な映画を選んでしまいました。
これはなんというか、すごかった。恐ろしいにも程があるというか。若かりしレクターを描いた映画ですが、今までで最高に恐いレクターだった。主役のギャスパー・ウリエルは、フジテレビの笠井アナの「本当に人喰ってそう」との発言にも超納得の雰囲気。あの美しさが更に、人間離れした印象を与えるのかもね。

0 件のコメント: